a.o独白ブログ

詩や創作文章を公開しています、時に汚濁あり時に18禁あり、綺麗な場所ではございません、あしからず。

【詩】内なる雅歌


あなたを婚礼に招きましょう、秘密の婚礼にあなたを招き、相聞歌をうたいましょう一緒に、内なる雅歌を、歌いましょう一緒に
王様には王妃が六十人、側女が八十人
六十人の王妃には麗しい下男が六十人、八十人の側女には恋人が八十人
いいじゃない本当のことを歌いましょう、私たちの王様は怒ったりなさらない
だって対になってそろい、相手を失ったものはいないのよ
大丈夫、王様には特別な乙女がいるから、歌を歌っている乙女がいるから

 

この歌は血潮の内を流れる喜びの歌、小さなシャーレの内側の宇宙が煌めいて手を振っている
一人一人の内側に王様も王妃も側女も下男も恋人も、あなたの中に在って生を謳歌している
香料の咲き乱れる園がこの手のひらの内側にあるの
レバノンの山も銀の飾りも金の玉座も
あなたの内側にあるのよ

 

あなたを何とたとえればよいの、純金で出来たあなたを、一点の曇りなきあなたを、何とたとえればよいの
外側がどんなに古びようとも
病に冒されようとも
この宴は終わらない
本当の雅な歌は終わらない
内なる雅歌を歌い続けるのあなたも

 

敵は居ないのよ
敵は居ない
敵はどこへも行っていないのよ
敵はどこにもいないんですもの
居るのはお招きするお客さまだけ、だから

 

あなたを婚礼に招きましょう、秘密の婚礼にあなたを招き、相聞歌をうたいましょう一緒に、雅歌を歌いましょう一緒に
王様には王妃が六十人、側女が八十人
六十人の王妃には麗しい下男が六十人、八十人の側女には恋人が八十人
いいじゃない本当のことをうたいましょう、私たちの王様は泣いたりなさらない
だって対になってそろい、相手を失ったものはいないのよ
大丈夫、王様には特別な若者がいるから、歌を歌っている若者がいるから

 

この歌は血潮の内を流れる哀しみの歌、いくつのシャーレが打ち捨てられたことでしょう
数えたりしないで、捨てられた生き物を数えたりしないで
一人一人の内側に泣き叫ぶ声が谺しているのがあなたにも聞こえる?
殺戮や迫害はあなたの内側に在るのよ
炎の玉も無慈悲な槍も磔刑も首縊りの刑も
あなたの手のひらの上で行われているのよ

 

あなたを何とたとえればよいの、ガラスで出来たあなたを、気泡だらけの脆いあなたを、何とたとえればよいの
外側がどんなに強靱でも
美しくても
この追悼は終わらない
本当の哀しみの歌は終わらない
内なる哀歌を歌い続けるのあなたも

 

隠れているあなた、敵は居ないのよ
敵は居ない
敵を探すのは、もう止めにしましょう
敵なんてそもそも居ないんですもの
居るのは違った思想を持つ来賓客だけ、だから

 

あなたを婚礼に招きましょう、秘密の婚礼にあなたを招き、喜びの歌と哀しみの、相聞歌をうたいましょう一緒に、内なる雅歌を、歌いましょう一緒に
この全てが雅歌なのよ
これこそが雅歌なのよ
ナルドやコフェルの花房を散らして差し上げましょう、泣き顔のあなたに、笑顔のあなたに

 

王様には王妃が六十人、側女が八十人
六十人の王妃には麗しい下男が六十人、八十人の側女には恋人が八十人
いいじゃない本当のことをうたいましょう、私たちの王様はふてくされたりなさらない
だって対になってそろい、相手を失ったものはいないのよ
大丈夫、王様には特別な相手がいるから、歌を歌っている相手がいるから

 

この歌は血潮を流れる生命の歌
流れのほとりの緑の茂みに居る頑固者のあなたに、香油をかけて差しあげましょう
私があなたをお部屋に伴ってあげましょう
一緒に歌いましょうあなたの歌を
王様の歌を
ひたすらな雅歌を、歌いましょう一緒に、内なる雅歌を

 

 

 

 

 

 

(参考 「聖書」雅歌 日本聖書協会 新共同訳)