a.o独白ブログ

詩や創作文章を公開しています、時に汚濁あり時に18禁あり、綺麗な場所ではございません、あしからず。

【心の問題は「自分の主観を大切にする」ことが一番よく効く薬である】と私は強く言いたいのだ。【精神医療】

 

私は現在の精神医療には疑問しか感じない、患者に病名と薬だけを与えて餌付けしているかのような印象を受ける。


でも患者はその瞬間には病名を頼ることができる、自分の状態を客観的に見ることが出来る、それこそが救いなのだという意見もあるだろう。
しかし、ここでいう客観視は果たして正しいのか?ということである。

それは結局医師という科学の司教様を信奉しているに過ぎないのではないか?ということだ。
現に医師が変わるごとに診断すら変わるのだ、所詮相手は人間なのだ、自分の状態を正確に知りたいという欲求もわかるし、漠然とした不安を抑えたい気持ちもわかるが…特に心の問題は、魂の問題である、その所在がつかめない問題である。

勿論、うつ病などは脳波を見ればわかるという…しかしその苦しみ自体は可視化できるものだろうか?
苦しみ自体に、名前など付けられるだろうか?

 

私は、この種の苦しみには確かに精神薬も必要だとは思う、しかし根本的には人間対人間の、ヒエラルキーや上下関係の無い関係に於いての傾聴しか、役に立たないと思っているし、それすら何の救いにもならないという覚悟が患者にも必要であると感じている。

「病院の先生が言ったから」というのは単なる甘えである、これにより医師は患者よりもずっと立場が上であるという意識を助長させてしまっているだけである。
それははっきり言って患者も悪いのだ、自分で考えず相手の与える「客観視は正しい」という精神的状態は、医療への盲目的な信仰に過ぎない。

しかもこの信仰は、医療業界を無駄に儲けさせるだけであって、結果的には誰も救われないのだ、長期間の薬の投与がますます薬から抜け出せなくなる現状を、なぜ黙認したまま通院するのか私には謎である。

 

精神医療が敵、と言いたいわけでは無い、ただあまりにも医師と患者には上下差がある、【心の問題は「自分の主観を大切にする」ことが一番よく効く薬である】と私は強く言いたいのだ。


つまり、この本来一番の特効薬を、高みからの医師の発言や投与される薬によって白黒の判断がなされてしまうという医療体制の現状に私は文句がある。

自分が感じたことよりも、自分よりも格上の人の言うことが正しい、それがたとえ自分の心の問題であってもその回答を信頼し、処方される薬さえ飲む、というのは最早一種のカルトである。
そして患者はますます弱くなってゆくのだ、そしてさらに言われるがままに薬を飲みさらに弱くなり、そうやって精神医療から抜け出せなくなる、そのような構造を見せつけられているような気がする。

私と似たようなタイプの人がこの精神医療のカラクリにはまってゆくのを、私は本能的に至極勝手に止めたいのかもしれない。

 

人間は一人で考えれば考えるほどに強くなる、と私は思う。
何も考えず誰かに心理的に頼れば頼るほど弱くなる気がする、別に強くならなければならないわけではないが、不自然な領域まで自己卑下をする必要は全くないのだ。
そして頼る相手は少なくとも自分自身をちゃんと見てくれる相手がよい、果たして精神医療にその度量はあるだろうか?

 

もうずっと以前、基本的に夜眠れない体質の私は精神医療にかかった事がある、睡眠薬が欲しかったのだ、仕事で身体も気持ちも疲れているのに入眠できないというこの苦しさから逃れたい一心だった、20代中頃だ。
もとより子供時代から夜はアトピーの痒みで明け方うとうとする程度だった、しかし働くようになってからの眠れなさは独特の恐怖感を私に与えた。

 

足もむくんでいる、立ち仕事だからだ、肌だってどんどん悪化しているようだ…もしかすると眠ったら改善するかもしれない、社会的立場がなくなるということが自分の死のように思えていた私は必死だった、とにかく眠りを渇望していた。

 

私はとある心療内科に赴いた、そこで問診票に記入した、当てはまる項目に○をつけるというもので、用紙は○印で埋め尽くされたかのように見えた。

受け付けには同年代の若い女達が居た、この中に居たら自分はいじめられそうだなと漠然と思った。
彼女たちの爪がマニキュアで光っていた、一方広めの待合室にすし詰めで座る患者たちには覇気が無く、彼女らの輝きでなんとかこの場の陰陽の秩序が保たれているかのようであった、はっきりいって滑稽だった、自分も含めこの場所は一種の舞台で、それぞれの役割を演じているに過ぎないような妙な感覚に苛まれた。

 

診察番号を呼ばれて、さらに無機質な空間へと私は移動した、顔が痒かった…息が苦しいなと思った、対面したのは一回り年上の女性の医者だった。
彼女に「ずっと何かに苦しんでいるのですね、もしかして子供の頃からずっといじめか何かに遭っていたのですか」と質問され、違うと私は素直に答えた、そして思った、ああ…自分の苦しみとは一体何なのだろう?と。
意識を戻して「不眠」「息苦しさ」等の現状困っている物事について伝えた、私は素直に言った「眠れる薬が欲しいので来ました」何かの違和感を自分自身にも感じた。

 

私は言われた、「こんなに長い間不眠なのは抑うつ状態の表れですよ」しかし違うと思った、「私が眠れないのは体質や環境の問題です、少なくとも子供時代に過ごした団地はカビだらけで劣悪でした、人が住むのに適さない場所で人がゆっくりと眠れるはずがありません、その記憶が染みついているので眠れないのです」…でも言わなかった、これは単なる資本主義への逆恨みのような気持ちから出た本音に過ぎない、私の主観に過ぎない、ということで私はその女医の言うことを表面上受け入れ、抑うつ状態、長期の鬱状態、ということになった、自殺を考えているという項目に○印をつけたのが決定的だったらしい、しかし思った…自殺を考えない奴なんているのか?と。

 

じゃあ…私は、今までの心の内や苦しみの状態を彼女に話したら、その分だけ病名を名付けてもらえるだろうなと皮肉な気持ちになった。

彼女と私の差とは一体なんだろう?

彼女と、派手な受付嬢たちとの差は?

精神医療の先生は、すべての状態の客観視を正確に行える神の代行か何かなのだろうか?

別に彼女が好ましくないというわけではなかった、単なる真面目な医者だった、しかし私には違和感しか感じなかった、他者が自分の状態を【判定】するということ自体に対する憤りともつかない感情だ、それは待合室に居る陰気な連中に対しても感じた、お前らはそれでいいのかと。

彼女と私の差は、私という視点から見たら【他者である】というただその点に於いてのみ、互いに正確に把握しているだろう。
それ以外のことは…よりによって心理的な苦しみなど、誰も正確には把握できないのだ、他者には、ましてやこちらの事を直視してこない他者には、何も見えないはずなのだ。

 

もらった薬を私は飲んだ、まだ白い壁の部屋に住んでいた頃、まだ朝になると胸が張って痛かった頃、夜空を見て誰かに会いたいと切望していた頃、誰にも出会えていないと思い込んでいた頃、自分の会いたい人はどこにいるのかと切実に苦しんでいた頃。

薬を飲んでから小一時間、夜の、しかし首都高のすぐそばで全く静かでは無いその場所、白い小さな部屋で私は思った。

…この薬で、うまく眠れたらどうしよう…

携帯式のゲームをしていた、まだあの頃はそういうものをやっていたのだ…ふいに画面が揺れた、それは眠るというよりも後頭部から身体全体の意識が暗い地底へと引っ張られているような感覚だった。

…これが薬で眠るということか…

確かに私は朝まで眠ったのだった、すっきりとはしていないし肌の善し悪しとは全く利害関係を見いだせなかったがひとまず眠ることはできたのだった。

 

そして私はその病院へ通い続けた、不思議なことに通うほど、担当医が入れ替わるほど、飲む薬の量は増えた。
この仕組みをどう説明したらいいのかというとその実簡単で、問診票には気になる症状をどんどん記入するように書いてあるのでそのまま、自分に内在する不安要素や不安に駆られたときの強烈な状態をもつい、書いてしまうのだ。

誰かが認識してくれるという意識が私の筆を走らせたのだ、本質的にはそれはこうして文章を書いている現在と大差ない、にもかかわらず心療内科へ通う私はどんどん健康とは真逆の状態に陥っていった、実に短期間での出来事だった。

 

そのうち、パニック時にはこれを飲む、というような強い薬も出るようになった、強烈な怒りにはこれを、悲しみで動けないときにはこれを、というように私は「薬なしでは居られない」ような心許ない気持ちになっていった、大変な自分がより一層弱くなってゆく、より一層弱くなった自分をより正確に認識しているのは心療内科であり、処方箋に記された薬の量ないし強さであると。

 

薬が強くなればなるほど自分は脆弱であるという認識が強まり、そこにこそ私は何か見いだした気分だった「そう、私は苦しい!!」と私は声を大にして言いたかった、実際に言えば良かったのだ、本当に通りのど真ん中で叫んだってよかったのだ、だがそれよりも印字されているということに独特の摂理を発見した気分で居た。
どうやら待合室の面々もそのようだった、しかし思った、本当にこれでいいのか?

 

私は具体的には何一つ、自分の体験談のようなものは心療内科の医師には話さなかった、ただ現状のみを話した、カウンセラーと名乗る人々には胡散臭さを感じたので1、2度話してすぐに断った、馬鹿馬鹿しかった、彼らのわざとらしい笑顔にパンチでも喰らわしたら単純に爽快だろう、その場の気分は晴れるだろうなぁと思っていた。

 

じきに私は病院へは行かなくなった、カウンセラーとの対面時間で取られる料金に納得がいかなかったし、それをすすめられるのをなんとなく…馬鹿にされているようにも感じた、何より待合室の患者達は自分含め誰一人幸福に変化しているらしい者が見当たらなかった…皆どこか水太りしていて陰鬱なままであった、はっきり言って自分もそうだった。

 

そして不幸であればあるほど、苦しみが深ければ深いほどその場所に於いてはヒエラルキーが高いらしいのも正直ものすごく勘に障った、こんな見苦しい連中と一緒にされるのが癪だった、私は元来プライドが高いのだ…見かけによらず。

 

しかし思った、彼らはいつまで病院へ通い続けるのだろうか?
彼らが通うのをやめない限りこの業界は、何の生産性(心理的な幸福)すらもないまま歯車を回し続ける。

では心理的な幸福とはどうやって得られるのだろうか?
自分は苦しんできた!!というこの気持ちや、やり場のない叫びはどこへ向けたらよいのだろうか?

 

それには対話が必要であるという気がした、今もそう思う、相手と自分とが出来るかぎり対等な立場で、相手が自分の話にある程度興味をもっている状態で話し始めれば「聴いて」もらえるのだと、単に苦しみが実在するということを他者が知る、ということが苦しみを癒やす根本であると思う。

 

その為には不要な自己卑下は禁物である、相手の言うことが正しいという阿る気持ちもやめたほうがいい、自分の言うことは自分が一番信頼していてよいのだ、自分の主観を一番大事にする事が健康への第一歩であると私は思う。
この考えは患者遵守であり、精神医療の医師の判断を過剰に仰いでいる患者こそ、医療を駄目にしている要因になっている気がする。

 

個人の苦しみは、その個人にしかわからない。
でもそれを他者は聴くことができる。
個人の理念を、その個人が一番大切に出来たときに、個人の心の救済というものが完了するのではないかと思う。

 

あるいは個人が、他者を助けたい、他者の助けになりたいと思えたときにこそ、個人の苦しみは浄化されている状態なのではないかと思う。
他者の存在が無い限り、個人は完結できない、他者の存在があってはじめて自分を強く認識できる、精神医療にかかるもかからないも自分の選択だが、少なくとも現在の精神医療は私の思う個人の苦しみからの脱却とは真逆の、個人の苦しみを深くし、個人を弱らせるだけのものに成り下がっていると言わざるを得ない。

 

これも個人批判のように感じるかもしれないが、私が批判したいのはあくまでこの手のビジネスで儲けている狡猾な人々である。


人間を弱らせて儲けている人々を、私はよく思っていないし、彼らの利潤の一部になるような生き方をしたくないのだ、私は彼らの言う客観視を私は自分の主観によって信じない、彼らの言う病名を自分に貼り付けて名乗りたくないだけなのだ。

私は自分自身でありたいと思っている、待合室に居た人々も素直にそう思える日が来たら…もう少し健全に図々しくなれる日が来たら…それが一番幸福なことであると主観的な私は勝手に思っている、信じている。