大熊あれいブログ

絵画やイラスト、詩や独白文章を公開しています。不定期です。

身体、体質、医療

個人的快楽を生きること

人間らしい生き方、人間としての尊厳、そういうものを突き詰めてゆくと、個人の喜びに行き当たる、個人的快楽に行き当たる。 以前介護施設で研修を受けた事がある、その介護施設には介護度の高い高齢者が入っていた…というよりも収容されていた。何故なら、…

形成不全の意味

階段を上がる、左足を伸ばすと左股関節も軋む、左側もかよ、と毒づきながら2階へ上がる行為に意味は無い、先月肉離れをしてから臼蓋形成不全が発覚したわけだが、肉離れをしてからより一層、身体のバランスが崩れ、全身の筋が張っている、次に来るのはアキ…

窓の開閉といっしょや

わりかし頻繁に絶望してんねん、甘いか?甘いやろなあ。 せやなあ、今日みたいにやたらと足が痛んだり、肉離れがまたおんなじ箇所起こりそうな感じの日になあ、ああ前なら出来たなあっちゅうことが出来ひんようなってきたのをな、実感するとな、もう生きとっ…

素人が医学について語る

本当に好きな人と、若い頃に出会わなくてよかったよ。その人の為ならなんでもしただろう、自分の一番やりたい事ではなくても命をかけたろうな。 憧れの人の奥様は初産の直後、ピースサインで「もう一人いける!」と言ったらしい、著書に記されていた。 これを…

映画「道」と先天的異常

1954年のイタリア映画「道」、この主役のジェルソミーナと、母はよく似ている。 顔そものもがこの女優にも似ている、「道」での役柄は、大道芸人を手伝う頭の足りない不美人な女である、この役柄名がジェルソミーナである。ジェルソミーナのよたよたと歩く様…