大熊あれいブログ

絵画やイラスト、詩や独白文章を公開しています。不定期です。

仕事についての意識

「皆の幸福を守るためには個人的快楽は慎まねばならない」のか?

「私たちは時給制で働いているから、仕事が早すぎると、お給料が減るんですよ、あなたは物凄く早く仕上げるでしょう、皆、つられて早く仕上げよう早く仕上げようとしてしまうんです、前は13時に皆が上がるなんてことなかった、ごめんなさいね、もう少し遅めに…

醜さへの寛容

蓋付きのゴミ箱の上に飯を置いて食っている奴が居た、しかも女だよ、信じらんねえ、無様だ、きたねえ、食べ物様は時に人間本体よりも崇高な存在なんだぞ、そもそもそこは通路だから邪魔だ、という独特の階級思考と暴力思考に私は一瞬で身体ごと飲まれた。 そ…

掃除の仕事と光のトンネル

職場に着いたらまず、薄暗い廊下のドアを開け、光と風とをその階に通す。 外に通じるドアは2カ所、建物自体が簡単な造りなので廊下の通気はばっちりだ、ホテルの内装は主に黒…暗がりの中に真昼の光が差す光景はヒエロニムスボスの「祝福された者の楽園への上…

エゴと主観的生き方

紺色のベッドカバーをピンと張れば、海は凪ぎ、サイドテーブルに光るオレンジ色の灯りも、大海に沈む夕日と化す。 そのイメージだけが私を動かす、私は運動神経が無いが、その割に身体を動かすのは好きで、リズムに乗ればそつなく動く事が出来る、すいすい泳…

脳みそについて

掃除の労働は疲れない、言語野を使わないからだ、ただ泳ぐように、1秒くらい早く、という思考だけで私は身体を動かしている。 6~7時間の短い労働のあと、そのままの気分で帰宅し、そのままの気分で家事をし、そのままの気分で書いたり描いたりする。以前…

わかったって言ってくれ

伝言の伝言の伝言は、微笑みながら網を張って、年末の獲物を待っていたどうにも足が動かないと思ったら、私は身体をすっかり絡め取られていたらしい 君の笑顔のツケを私は払っている私の当たりの強さと君の物腰の落差に驚いてしまった分を加算して相手は支払…

ビッグママ【職場の人間たち】

私の現在の仕事はホテルの清掃である、これが意外なほど性にあっている、体力系でありながら一人で仕事を進めてゆけるので「ノリ」や「空気」はそこまで必要でなはい、ではこの職場で働く清掃婦たちは皆寡黙でとっつきにくい性格なのかというと…実に相反するよう…

自発的な笑顔【仕事】

仕事先のエレベーターに乗り込もうとしたその時、声をかけられた。「どうもおつかれさまです!」私は制服のまま、相手をホテルの利用客だと思って頭を下げた「こんにちは」…彼が私服を着ていたのでとっさに誰とはわからなかった、私がそうやって一瞬考えていると…

この仕事に就いた理由【仕事】

私の仕事は客室清掃だが、最近「どうしてそれをやってるの」という質問を受ける。 例えば、以前は図書館で働いていたがその質問は受けなかった、なぜなら「本が好きだから」という動機が見えるからである。私の友人は児童施設で働いているが、やはり同種の質問は…