a.o独白ブログ

詩や創作文章を公開しています、時に汚濁あり時に18禁あり、綺麗な場所ではございません、あしからず。

仕事

蝋燭になりたい

蝋燭が死んで行く、1本、2本、3本、蝋燭が燃え尽きて行く。小さな火は私の代わりに、身代わりに情熱を燃やし尽くして息絶える、その様子を見守る私は本当に私自身なのか?私そのものはもう、蝋燭という依り代にすっかり乗り移って、何度も何度も、命を燃やし…

富士山

風が塵を海へ海へと攫っていって、白い白い肌が見える、山は三角形、四角よりも三角の方が実は安定していると富士山は笑う。まだ知らない道を通ってゆく、緑、橙、赤、三つの色のリズムが私に話しかけている。「ようやくここまで来たね」 紅葉した木々の生い茂…

仕事上がりに

穏やかな空気、窓から差し込む陽光、静かな雨、客は全て出払って、この階には私以外誰も居ない、全ての部屋のドアの向こう側、開いた窓から街の風が入り込んで私に囁きかける…客室清掃で一番気持ちが安らぐ瞬間である。今の時点では進捗通り進んでいる、次の…

内緒の話

これは内緒の話なのだけれど、この職場はね、駅のすぐ向こう側、通りを二三本跨げばあの人が居るから選んだのよ。私が埋め立ての海水臭い街からこっちに越してきたとき、どこに勤めに出ようか、どの街に行こうか迷ったの。家からバス停までの距離、バス停か…

【仕事について】目の前に確かに在る仕事(頭と身体の弱い人間の働き方)

今月末でベッドメイクの仕事を辞めることにした、何故ならば、今月末で私の雇い先である清掃派遣業者がこのホテル…もとい、この地域から一気に撤退するからである。持病の臼蓋形成不全が悪化したように感じ始めていたので、撤退と共にそのまま自然に解雇とい…