大熊あれいブログ

文章ブログです、雑記帳のような感覚で主観的、感覚的に詩やエッセイのような独白文章を書いています。不定期です。

【私的概念】

風景の臍【概念】

風景には臍がある、歩いていると一定の間隔でカタルシスを感じる場所に行き当たるような自然の仕組みが、地形には施されている、それを風景の臍と私は呼んでいる。 風景の臍という言葉は、私の、風景に対する褒め言葉である、歩いていて幸福を感じる瞬間、煌…

白装束の人々【霊のはなし、概念】

まだ家族で車に乗っていた頃、まだ私も信仰心を掲げていた頃、妹がようやく物心ついた頃、私たちはよく祖父母の家へ遊びに行っていた。 山々の合間を縫うように高速道路で走った先の盆地へと頻繁に赴いた。その日は「した道」、要するに一般道を使って行ってみ…

音と色、五十音順の音と色の対応表【私的概念】

あ…赤い色、○に近いかたち、現在い…紅の強い糸、時間は無い、軸う…地面の方へと引きずる引力、地面へと引き込む強い引力、沼のような力、過去、紫色え…竹色、緑色、これから先、未来への事象、期待、予感お…青、群青、たった今、今日、一瞬の出来事、凝縮さ…

緑色の巨大な手【私的概念】

真夜中に、寝ている私の身体を触る大きな緑色の手を、私は眠りながら感じた。 いつも感じるのは枕の先、頭の先の壁から順々に、足の先にあるクローゼットの小部屋へと通り抜ける無数の人影だけだった。その人影たちの事は特に気にしないで居られた、彼らは寝…

夢セーブデータその2【私的概念】

以前も書いたように私は夢の内容を覚えている、それも寝入るときに今朝方の夢を思い出す形で覚えている、そして今回書くのは「夢の中で度々訪れる場所」についてだ。 はじめに書いておくが全くオチは無い、私は推理小説などはてんで読めないタイプの人間である…

土着的思考【私的概念】

青く晴れた空に一本の白い線がぴんと張っている、風が吹いてもぶれない、涙がその線にひとしずくたれるのを想像する、決して手で触れることはできない静かな場所はすぐそこに確かに在る。単なる電線の発するメッセージ性、これを感じ取れるのはもしかすると…

書くという行為【私的概念】

岩はほのかに暖かいようだ、私は自分の両手両足、太ももと頭とを使って体重を移動させてゆく、上へ上へと自分を持ち上げてゆく、直感が舞い降りてくる方角へと自分を導いてゆく、上空は厚い雲が覆っており何も無いように見えるが、そこは明らかに私を呼んで…

霧散して広がる巨大な私、小さい私【私的概念】

視界に入る景色に意識を軽く集中させる、目ではなく額で観るのだ、こんもりした橙色と緑の交じった木々となだらかな坂道、小さな川の流れる音、水面は青空を映して発光している。風が強ければ鳥の腹部が見える、普段彼らは川の真上しか飛ばないので見えない…

夜の一幕、アレルギーと戦争から抜け出すのは難しい【私的概念】

自然保護区域、一見風光明媚な場所に私は住んでいるが夏場には独特の苦労がある、人が集まるところにはいざこざが発生するものだ、いざこざというのは他方の行動がもう一方には気にくわない時に起こる、火花の散る状態である。 日付が変わる少し前の蒸し暑い…

夢セーブデータ【私的概念】

朝方みた夢の感触、匂い、湿り気、視点の定まり具合、景色の鮮明さ…全体的な禍福どちらかのイメージ…は起きたときにはまだ枕元にある。 私の場合、それらの視点は私の身体を離れて一日中ずっと枕元にあるのかもしれない。 というのも、夜寝入るとき、パジャ…

服飾の美【私的概念】

衣服の美はデザイナーから出た意識である、新しい意識が人を魅了する、あるいは反骨精神…要するに人は「美しい意識」を身に纏いたがるのだ、そんな話を最近聴いた。 新卒の頃、着っぱなしだったスーツをあろうことか経血で汚してしまい、しかし一方はクリーニ…

呪いの言葉に打ち勝ちたい【私的概念】

思えば小学校に上がる前、保育園時代からすでに周囲からは「理解度」という点で遅れをとっていた私だ、皆がレクリエーションで楽しむ間、その法則性を理解できずに一人で泣いて過ごしてばかりいた、同じ歳はもとより、自分よりも年下の子たちですら自分よりも…

魂同一論【概念】

肉体的な要素と生活環境で、その人の人生や外見がほとんど決定付けられているのかもしれないとふと考えた。 頭の善し悪しも肉体的要素である。肌が綺麗かどうか、病気がちかどうか、よく睡眠がとれるかどうかも主に肉体的要素である。 そして環境、周囲に暴…