散文の自画像 

創作魂を持つ大熊という人間が、散文で日々の自画像を綴る文章ブログです。

2018-04-20から1日間の記事一覧

パラノイア気質とユーモア

「北海道まで列車で旅をしたんだ、網走刑務所が見たくて、列車に乗っていたとき…周りの人間全てがじいっとこっちを見ているような気がして、目を閉じても視線を感じるんだよ、あれは怖かったなあ、ずっと視線を感じるんだ、人間全てが敵に感じたよ…感じたなん…