大熊あれいブログ

絵画やイラスト、詩や独白文章を公開しています。不定期です。

2017-12-02から1日間の記事一覧

人形【詩】

小さな箱を用意してそれを周囲の世界に見立てる、そして自分を人形に置き換えた、部屋は明かりが灯っているが四隅には闇が息を潜めている。 私はたまらなくなって人形の四肢を、一本一本ちぎっていった、大きなハサミで右腕、左腕、左足、そして右足、下腹部…

月面球【詩】

ラブホテルのエレベーターの中 文字盤のあたりに月面の壁紙 どうやら 辿り着けない場所へ行くらしいねと笑い合う 誰がこんなことを あなたの 髪の匂いがわかるほどそばへ 月はその実トンネルの向こう側の光なのだよ あれは球体なのではなくて 空洞なのだよ …